犬 クッシング ドッグフード

【犬のクッシング用ドッグフード】※寿命を延ばすための食事※

犬,クッシング,ドッグフード,食事,症状

 

此のページでは、低糖で質の良いタンパク質、良質な脂肪を含んだ、クッシング症候群の愛犬に最適なドッグフードをご紹介していきます。

 

このページでご紹介する犬のクッシング用向けドッグフードは、上記の他に「味」「食い付き」といった部分も重視して選んでいますので、犬のクッシング用ドッグフードをお探しの飼い主さんにとって、お役に立てれば幸いです。

 

 

犬のクッシング用ドッグフードって?

 

脱毛やお腹が膨れるなどの症状で、悪化すると命にかかわる犬のクッシング症候群は、副腎という器官から分泌される「コチゾール」というホルモンの過剰分泌が原因で起こります。別名を「副腎皮質機能亢進症」とも言います。

 

クッシングにかかった犬は、根治に繋がる特効薬はありませんので、副腎皮質ホルモン(コチゾール」の分泌を抑える薬を与えるのが一般的です。時には腫瘍が原因で外科手術を行う事もあります。

 

そして、犬のクッシング症候群では、投薬の他に毎日の食事が非常に大切になります。

 

犬のクッシングに合わせた食事を手作りするのは大変なので、クッシングの愛犬を飼っている愛犬家の方はドッグフード選びに神経を使っているのではないでしょうか。犬のクッシングは、高脂血や高血糖が大敵で、激安で販売されているような高カロリーで添加物が多く含まれるようなドッグフードは絶対にNGです。

 

消化の良い高品質で適度ななたんぱく質や、オメガ3・6脂肪酸などの良質で適度な脂肪といった、血糖値をコントロールできるもの。犬のクッシング症候群は、糖尿病や脂質代謝異常、甲状腺機能低下症などの併発リスクも高いため、ドッグフードちゃんと選んであげないといけません。

 


犬,クッシング,ドッグフード,食事,症状

犬心 糖&脂コントロールの特徴

・犬のクッシング症候群用療法食で全犬種対応のドッグフード!
・単なる「低脂肪」「低糖」だけでない臨床栄養全クリア。
・免疫細胞が70パーセントも集中する腸、その腸内の善玉菌をアップさせる、βグルカン高含有の花びら茸を配合。
・「消化されやすい糖質を制限」「糖の吸収をブロックする食物繊維を配合」、Wの要素で血糖値コントロール
・低脂肪はもちろん、非常に良質なオメガ3/6脂肪酸を配合。
・低カロリーで良質な消化の良いタンパク質、ビタミン・ミネラル・アミノ酸などの栄養をバランスよく配合。

価格 6,400円
評価 評価5
備考 税抜 3kg(1kg×3袋)
犬心 糖&脂コントロールの総評

「犬心」は純国産の犬の療法食ドッグフードで、「高脂血・高血糖」が関係する病気やトラブルを全部ケアできるよう開発され、臨床栄養を全てクリアしています。「犬のクッシング症候群」はもちろんのこと、「糖尿病」「膵炎」「メタボ・肥満」「甲状腺機能低下症」「脂質代謝異常」「高脂血症」といった代表的な犬の7大トラブル全てをケアできる手作り製法の完全無添加ドッグフードです。食いつきチェックのため無料お試しサービスあり。

 


犬,クッシング,ドッグフード,食事,症状

モグワンの特徴

・低脂質で良質なタンパク質「イギリスの平飼いチキン」。
・体内への吸収分解が早い中鎖脂肪酸、愛犬がリフレッシュできるラウリン酸配合「ココナッツオイル」。
・ビタミン類やセレンも豊富。
・糖の吸収を抑える食物繊維もたっぷりで体内環境を整えます。
・還元作用の高いアスタキサンチンや健康を維持するDHA、スムーズなリズムを維持する
EPAが含まれる「スコットランド産のサーモン」。
・アミノ酸やビタミン、ミネラル等を含む栄養豊富な海藻で、良質なオメガ3脂肪酸を配合。

価格 3,564円
評価 評価4
備考 税抜 1.8kg 特別優待価格【10%オフ】 3個以上注文送料無料
モグワンの総評

権威ある獣医学雑誌、MVMにも掲載されたモグワンは、獣医師の80パーセント以上(2016年10月先端医療学会調べ アンケート)が犬に食べさせたいと推奨した健康ドッグフードです。消化が良く、高品質なたんぱく質と、オメガ3/6脂肪酸といった良質な脂肪酸でアレルギーの可能性がある穀物類は一切使っていません。療法食ではないですが、素材表や成分値をもとに獣医師と相談して使えば、愛犬のクッシング症候群の食事療法にも使いやすいです。老犬にもオススメ。

 


犬,クッシング,ドッグフード,食事,症状

アランズ ナチュラルドッグフードの特徴

・食いつきの良い美味しいラム肉を使用!
・選び抜かれた100パーセント無添加の厳選素材。
・非常に消化吸収が良いドッグフードで、クッシング症候群の犬にも優しい。
・国際規格であるSAI GLOBALのランクAを取得し、州議会と英国小売協会にも認可された工場で、徹底的な品質管理のもとで生産されています。
・人口添加物・肉副産物・着色料・保存料・香料不使用。

価格 3,564円
評価 評価4
備考 税抜 2s 1万円以上注文で送料無料!
アランズ ナチュラルドッグフードの総評

有名な獣医学雑誌にも取り上げられ獣医師にも推奨されているアランズ ナチュラルドッグフードは、高品質で無添加のドッグフードです。良質なたんぱく質と低脂肪、クッシング症候群の食事療法にも使いやすいドッグフードだと思います。療法食ではありませんが、原材料と成分分析値を参考に、獣医師にご相談すると良いでしょう。アレルギーのある愛犬でも無添加なので安心して与えてあげられます。

 

 

クッシング症候群になった犬の症状について

 

犬のクッシング症候群は、上記でも少し書いた通り、副腎から分泌されるホルモン(コチゾール)の過剰分泌が原因で引き起こされます。コチゾールは、炭水化物の代謝や炎症の制御、タンパク質の異形化や免疫反応等の広範囲にわたり関係の深いホルモンです。

 

これが慢性的に過剰分泌される状態は、当然、犬の健康に良いはずはなく、様々な症状を引き起こします。その症状が老化現象に似ていることも多く、飼い主さんが見逃してしまうケースも多いと言います。ここでは、犬のクッシング症候群における、主な症状について紹介しておきます。

 

・抜け毛が多くなり皮膚が見えるようになる
※胴体部で左右対称に毛が抜ける
・フードを多量に食べる
・水をたくさん飲むようになる
・オシッコの回数がや量が増える
・腹部が膨れ上がってくる
・筋肉が委縮し衰える
・糖尿病の合併症
・甲状腺機能低下症の合併症

 

 

クッシング症候群にかかる主な原因

 

愛犬がクッシング症候群にかかってしまう原因はいくつかありますが、

 

まず、1つ目は、

シニア犬(犬の年齢)や、犬種によっても発症しやすいと言われています。
ダックス系やポメラニアン、ボクサー犬やプードルなどが挙げられています。

 

2つ目は、

脳内に腫瘍が出来てしまったケースで、副腎ホルモンの分泌をつかさどる、脳下垂体に腫瘍が出来てしまい、制御している「副腎皮質刺激ホルモン」の統制がとれなくなり、生成過剰になるためです。腫瘍原因による8割がこれに当たるそうです。

 

3つ目は、

副腎に腫瘍が出来てしまうケースで、副腎そのものに腫瘍が出来てしまうため、ホルモンの過剰生成が起こりクッシング症候群を発症します。腫瘍原因による2割がこちらに当たります。

 

4つ目は、

医原性のクッシング症候群で、自己免疫疾患や炎症、腫瘍などの治療で副腎皮質ホルモン(コチゾール)と同等の働きを持ったグルココルチコイド薬の投与が原因で発症します。長期的な薬の投与を行った結果、病気を発症してしまうケースです。

 

その他にも、極めて稀なケースで起こるクッシング症候群もあります。副腎ではない部位から、何故か「副腎皮質ホルモン(コチゾール)」が分泌される、「異所性」や、特殊な消化ホルモンに対する受容体が副腎の表面に現れ、インスリンの代わりに副腎ホルモンコチゾールを分泌する「食餌依存性」という非常に珍しい発症要因です。

 

原因・症状についての詳細⇒ 【もしかしたら?】愛犬がクッシング症候群なる原因とその症状

 

 

犬のクッシング症候群への診断と治療方法

 

犬のクッシング症候群においては、食事療法はもちろんですが、獣医師による診断と症状に合わせた治療も大切です。

 

確実に病気を特定するのは、獣医師でも難しいとされる病気ですが、症状と検査結果を照らし合わせることで、わかる愛犬の健康状態を把握するのに役立ちます。

 

◆診断方法

行われる検査としては、「低用量デキサメタゾン抑制試験で注射後8時間での抑制の有無」、「尿検査でコルチゾール:クレアチニン比の上昇」、「ACTH刺激試験での正常値の有無」です。そして、レントゲンや超音波検査、血液検査などもあります。

 

全ての検査を行うかどうかは別として、全く獣医師に診せず、自己判断で食事療法だけを行うのは、クッシング症候群であれ、甲状腺機能低下症であれ、大きなリスクを伴います。

 

◆治療方法

@外科手術

副腎や脳に出来た腫瘍を、外科手術によって切除します。根本原因である腫瘍を取り除くため、うまくいけば大きく快方へ向かい寿命を全うすることも可能です。
ただ、腫瘍が出来た位置などにより、手術が困難な場合も多く、放射線治療などを行う場合もあります。

 

A基礎疾患への治療

クッシング症候群は合併症で発症するケースも多く、元々の基礎疾患がある場合はそちらへの治療を行います。

 

B投薬治療

コチゾールの過剰分泌を抑えるため、プレドゾニンやミトタンといった副腎皮質の働きを弱める薬を投与します。いったん投与を始めると、生涯にわたり投薬を行う事になります。

 

C医原性の場合の投薬中止

自己免疫疾患や炎症、腫瘍などの基礎疾患で、長期間グルココルチコイドを投与しているケースでは、グルココルチコイドの投薬量を減らしたり、一定期間投薬を中止します。

 

 

クッシング症候群の愛犬の食事についての注意点

 

クッシング症候群になってしまった愛犬の食事では、普通のドッグフードなどを与え続けるのはNGだと、冒頭で少し触れましたが、やはり、病気に対応した栄養バランスが大切です。

 

犬のクッシング症候群では、食事療法が大事なのはご理解いただけていると思います。

 

栄養代謝トラブルである、「高血糖・高脂血」をケアできること、不足するタンパク質などの栄養バランスを考慮してあげること、免疫細胞を元気に保つことなど、いくつかのポイントに注意してあげなければなりません。

 

クッシング症候群は、合併症のリスクが高く、既に他の病気を併発しているワンちゃんもいるかと思いますが、「高血糖・高脂血」をケアすることや、その他の注意点に気を配ることで、他の病気のケアも同時に行うことが出来ます。

 

愛犬が少しでも楽になるように、以下の点に注意して、病状に適した食事管理をしてあげてください。

 

 

ポイント@血糖値のコントロール

 

まず、ひとつ目の注意点として、血糖値のコントロールが挙げられます。犬のクッシング症候群では、高血糖を発症する可能性が高く、実際に合併症で、糖尿病を併発しているワンちゃんも多くいます。

 

糖質を制限し、消化吸収が早く、糖質に代わりやすい炭水化物を少なくしてあげることが大切です。特に、砂糖やブドウ糖など、甘味料の多い食事や、炭水化物の多いフードは避けなければいけません。

 

そして、血糖値の上昇を抑制する、消化されにくい炭水化物や、食物繊維を摂取するようにしてあげることです。これらは、糖の吸収をブロックし、血糖値をコントロールが可能になります。

 

ポイントA低脂肪

 

ふたつめの注意点として、低脂肪であることが挙げられます。クッシング症候群にかかった犬は、副腎皮質ホルモン(コチゾール)の過剰分泌で、高い確率で高脂血症を伴います。

 

中性脂肪やコレステロール値が高くなってしまいがちなので、脂肪の摂取量を抑えてあげなければならないのです。脂肪の質にも注意して、青魚や亜麻仁油(アマニアブラ)などに多く含まれる、「オメガ3脂肪酸」が良いとされています。

 

酸化した脂肪は、犬の身体に悪影響を及ぼすことがわかっていますので、高温加熱されたものは避けたほうが良いでしょう。高温加熱処理されたお肉などは、脂肪分が酸化してしまい、身体に良くありません。

 

また、低温製法などで新鮮な生肉などを使っているフードであっても、一度開封して長期間空気にさらしてしまうと、脂肪が酸化してしまうため、保存方法にも注意が必要です。

 

 

ポイントBタンパク質などの栄養バランス

 

3つ目の注意点ですが、愛犬のクッシング症候群では、代謝トラブルにより、多くのタンパク質を消費します。このため、筋力の低下や脱毛などの症状を伴う事があります。

 

慢性的なタンパク質の不足が起こりますので、不足したタンパク質をしっかりと補ってあげる必要性が出てきます。ただ、糖尿病を併発しやすいので、過剰なタンパク質の摂取は、アミノ酸の血中濃度が上昇し、腎臓等に負担になる場合があります。

 

そのため、病気に対応した適量のタンパク質、クッシング症候群に対応した栄養バランスに注意しなければなりません。

 

 

ポイントC免疫細胞の元気を維持させる

 

四つ目の注意するべきポイントは、免疫細胞を元気に維持するというう点です。犬のクッシング症候群とは、副腎皮質機能亢進症とも呼ばれ、副腎や脳下垂体に出来た腫瘍が原因であることが多い病気です。

 

そのため、免疫細胞の働きが健康状態を左右するとも言われています。犬の腸には7割もの免疫細胞が集まっていて、腸内環境を整えることで、善玉菌が増え、免疫細胞が元気に活動するのに役立ちます。

 

免疫力が維持できている場合、元気な免疫細胞が血液をめぐり、コレステロールや中性脂肪を食べてくれることがわかっています。合併症の予防や、高脂血・高血糖もケアできるため、免疫細胞を元気にさせることも重要なポイントの一つです。

 

 

犬のクッシング症候群用の食事管理について

 

クッシングになった愛犬は血糖値が高い状態になる為、血糖値をあげないような食事を与える必要があります。
低糖質なドッグフードを選ぶように獣医師さんからも指導されていると思います。

 

個体によって症状の度合いも違うため一概には言い切れませんが、全く治療を行わず、食事にも気を使わないとどんどん病気が悪化して死に至ることもあります。

 

しかし逆に言うと、犬のクッシング症候群ッは発症後の適切な治療と食事管理で寿命を延ばす事も可能だという事です。治療を受けていたとしても、食事管理ができていなければ何にもなりません。
症状を悪化させないことや、愛犬の状態が少しでも良くなるには食事管理が非常に重要になります。

 

しっかりと勉強をして、クッシング症候群用の犬の食事が自分で作れる飼い主さんは少数だと思います。ですので、犬の健康を考えて作られた療法食ドッグフードを選んであげることが大切です。

 

 

一般店舗で売られている市販のドッグフードについて

 

愛犬のクッシング症候群において、病気に対応した「臨床栄養」を備えたフードのことを、「療法食」といいます。

 

既にクッシング症候群を抱えている愛犬には、前述したような、「臨床栄養」をそなえた、病気管理用の「療法食」であることが必要不可欠です。

 

市販で普通に売っているドッグフードは、大量生産され、保存料や酸化防止剤に人工添加物が使われています。また、価格を抑えるため、カサ増し用の肉副産物も含み、酸化脂肪の原因となる、高温加熱処理も伴います。

 

普通に市販されているドッグフードは、流通の関係や、在庫としての保存、大量販売などに対応するため、人工添加物が欠かせなくなっています。ある面仕方ない事でもありますが、長期間の摂取により、蓄積された添加物が、犬の健康状態に悪影響を及ぼす可能性は少なくありません。

 

クッシング症候群の原因は、高血糖・高脂血に起因することが多く、その原因が毎日の食事であることも、多くの専門家が指摘しています。

 

クッシング症候群の愛犬には、前述した注意点を守った食事が大切で、「療法食」と認められたドッグフードを選ぶことが最善策です。

 

さらに言うなら、天然由来の原材料で作られていて、人工添加物を含まない、完全無添加なフードを選んであげるのが良いでしょう。

 

 

私が一番おすすめな「犬のクッシング用ドッグフードは「犬心」

 

愛犬クッシング症候群用に最もおすすめ出来るドッグフードは「犬心」です。犬心はまだそれほど有名ではありませんが、多くの愛犬家や犬のプロの間でかなり評判になっています。

 

犬心の評価も、口コミでその効果が認められてきています。

 

「高血糖・高脂血のトラブル・病気」全てをケアできる療法食ドッグフード純国産で完全に無添加です。

 

手作り製法にこだわっていますので、市販のお店には出荷しておらず、ネット通販の公式サイトのみでの販売なのも特徴です。犬心でケアできる代表的な疾患である犬のクッシング症候群は、高血糖・高脂血のトラブル・からくる病気で、糖尿病や脂質代謝異常を併発しやすく、実は併発しやすい犬の疾患をまとめてケアできることが理想だと言えます。

 

犬心を押す理由は、下記に挙げる犬の7大疾患と呼ばれるトラブルに対応しており、それでいて臨床栄養と言われる必要な栄養素は全てクリアして含んでいるところです。

 

・【クッシング症候群
・【メタボ・肥満】
・【甲状腺機能低下症】
・【脂質代謝異常症】
・【膵炎】
・【高脂血症】
・【糖尿病】

 

犬心は、クッシング症候群から併発リスクの高い病気予防も可能ですし、逆にその他の疾患から併発したクッシング病でも合わせてケアできるドッグフードです。

 

奈良県磯城郡三宅町にあるマッシュルーム・デザイン・スタジオ(大和菌学研究所)というキノコの菌の研究をしている会社が犬心の販売元で、数多くの健康キノコの販売を行っている会社です。

 

健康に関する商品を扱っていく中で、獣医師や愛犬家さんとの出会いがあり、これまでの「犬の病気対応のドッグフード(療法食)」に納得のいくものが見当たらないことに気づきました。

 

無いならば自分たちで作ろう

 

そう一念発起して開発されたのが「犬心ドッグフード」なのです。

 

完全無添加や手作り製法、そして犬の7大トラブル全部の臨床栄養をクリアするということは予想をはるかに超えた困難がありましたが、苦労の末出来上がったのが「犬心」というわけです。

 

 

犬心・7大疾患をケアする4つの特徴

 

 

添加物を一切使わずに、クッシング症候群を含めた7大トラブル全てを一度にケアできる食事療法食(病気管理用ドッグフード)は、今のところ犬心だけでしょう。

 

動物病院で販売されている療法食ドッグフードと比較しても、「食いつきの良さ」「添加物不使用」「臨床栄養クリア」に優れた国内産フードは「犬心」以外に見当たりません。

 

知名度こそまだまだで、全国の獣医師にも浸透していませんが、病気のワンちゃんの為に「犬心」を購入した飼い主さんや愛犬家の間では、リピート率が95%となっています。そんな「犬心 糖&脂コントロール」の優れた特徴を4つご紹介します。

 

@良質なオメガ3・オメガ6脂肪酸による低脂肪

脂肪の「質」にもこだわった「低脂肪」。脂肪分は、良質な生魚・生肉やココナッツなどから、犬に必須の栄養「オメガ3脂肪酸/6脂肪酸」を中心に配合。さらに、高温処理を行わず低温手作り製法により、脂肪の酸化を防いでいます。
※栄養調整ポイント:脂肪を約5%に調整

 

A糖質制限・食物繊維バランスのWパワーで血糖値コントロール

「消化されやすい糖質」を制限し血糖値の上昇を抑えます。そして糖吸収を抑制するする食物繊維バランスを徹底的に研究。Wの要素で血糖値コントロールを実現。
※栄養調整ポイント:可消化性炭水化物を45%以下に調整(※犬の高血糖は55%以下が推奨値)、食物繊維を約8%に調整

 

Bタンパク質等の栄養バランス

例え低カロリーでも栄養素はちゃんと摂取する。高消化性のタンパク質、さらにビタミン・ミネラル・アミノ酸も「7大疾患対応」の黄金バランス。
※栄養調整ポイント:タンパク質を約25%に調整

 

C腸を健康にし、免疫力を維持

腸は、犬の免疫細胞の約7割が集中する器官。研究10年の「犬の善玉菌アップ」テクノロジーにより、「腸の健康」を実現させています。そしてさらに、免疫成分「βグルカン」高含有のハナビラダケを配合。「腸の健康+βグルカン」で愛犬の免疫力を維持します
※栄養調整ポイント:発酵性食物繊維・難消化性炭水化物・オリゴ糖・乳酸菌群による善玉菌アップ、βグルカンによる免疫力キープを実現。

 

 

完全無添加で人間も食べれるドッグフード犬心。

 

クッシング症候群になったワンチャンの免疫力キープに必要な「善玉菌アップ」を促進する「βグルカン高含合の花びらダケ」の効果に関してもマッシュルーム・デザイン・スタジオ/大和菌学研究所は専門分野です。

 

今一番オススメ出来る犬のクッシング症候群用のドッグフードは「犬心」だと思います。

 

 

トップページへ戻る⇒ 市販の無添加ドッグフード※獣医師推薦※通販限定お薦めフード


page top